平凡姉妹の中学受験@2027/2022(済)

千葉で中学/大学受験をする姉妹の記録

【2027年中学受験】今一度、高校受験を考える

 

最近、次女は高校受験もありなのかなーという気もしてきたので、数日前に高校受験(※上位校専門)もやっている地元の塾に資料をもらいにいってきた。そしてついでに気になることを色々聞いてみた。
中受沼にいるとさ、高校受験をターゲットにした小学生向け塾の話とかあんまり耳に入ってこないじゃないですか(高校受験用塾にいる中学生の話は割とよく目にしたりする。特にW)

で、中学受験界隈にいると、「先取りなんて当たり前」みたいな価値観に陥るじゃないですか。
低学年から漢字や計算の先取りは当たり前。どんだけ進度の遅いNやIでも6年までの内容は6年生の前期で終わり。6年前に6年間の内容を終わらせるのが中受スピードのスタンダート。最近はそこに英語も加わりそうな勢いで、子どもたちがパンクしそう。そして親も。
そりゃー通塾が年々早まりますわー。
中受界はほんとに年々イカレ度が加速しているように思う。真剣に。


そんな雰囲気に嫌気が差して資料をもらいに行ったはずなのに、「中学の先取りはあんまりしない」と聞いて「え、そうなんだ」と驚いてしまった。そうして自分がずっぽりと中受沼に浸かってしまっていたことに気付いて反省した。割と愕然とした。
難関と呼ばれる上位校をターゲットにした塾だったから、小学校のうちからゴリゴリ英語数学先取りして、小学校のうちに英検4級取らせて数学も2年くらい先やって的な、勝手なイメージを持っていた。
が。

普通の小学生はそんなゴリッゴリに勉強しねえよ

っていう。


だから、偏差値だとか志望校だとかに関わらず、日夜あんなに勉強している中学受験生はそれだけで凄いんだぞ、と言いたい。模試の点数が不安定でヤキモキする気持ちも、クラス落ちで呆然とする気持ちも分かるけども、まずは褒めてあげようよ(※自戒も入ってます)


でもさ、高校受験の上位層は高校数学も先取りしてるとか、日比谷入学層は当たり前のように英検准準2以上持ってる、みたいな話も耳にするじゃないですか。そういう子らは中学からガツガツとやり出したのか、それとも小学生の頃から計画的に進めてたのか、その辺がよく分かんなくて。私が行った塾が特殊なのかもしれないし。WなりS台なりにも資料貰いに行って話を聞いた方が良いのだろうなと思います。
と言うか、そもそも高校受験だと小5?辺りから5年間も費やさないって感じなのだろうか。
この辺に関しては自分が高校受験の知識や認識が浅すぎるため少しずつ勉強していこうと思います。まぁ次女が長女と同じ学校に行きたがっているので、中学受験の道には進むのだろうが、一応ね、別のルートもしっかりと把握しておきたいよねってことで。

それくらいに長女の中学受験がしんどかったのよ……。
恐らくは平均よりも大きく自律しているであろう長女の時ですら「しんどい~~やめたい~~」と親子共々叫んでしまう、それが中学受験……。


たとえ中1からでも間に合うよ~って言われても、でも「じゃあ小4~6」でなにもしないのってもったいない……。って思う平凡女児の母。これが何かの習い事をガチのガチで極めにいってるような子なら「そっちに打ち込め~」って応援できるのですが、我が家は別にそういうのないのでw
高校受験意識してスタサプで先取りでもさせとくか~って思っちゃいそうだから、やっぱり中学受験でいいのかもしれないw

【2027年中学受験/大学受験2028年】オンライン英会話

 

先日、長女が英検4級を取りましたー!
1月は飛ばして、6月に3級、中学2年のうちに准2まで行ければ良いなという希望。無理かな。
そろそろリスニングやスピーキング対策をしないとな~と思い、この1ヶ月オンライン英会話を色々と体験しておりました。
次女も小3から英語が始まるしね。
中学受験で英語必須にする学校もちらほら出てきたっていう焦りがあるのかもしれません。


オンライン英会話は講師の方の雰囲気やカリキュラム、かなり合う合わないの個人差が出るので体験をきっちりした方が良いと思います。合わないところなんかは次女ちゃんが「難しい~~」と終わったあとで悔し泣きしていたのでw


もう日本の学校カリキュラムでがっつり文法を習ってしまっている長女は学研の「kimini英会話」。完全英語初心者の次女は「先生が良かった/カリキュラム(テキストの内容)が一番好き」という理由でQQEnglishKidsを選びました!


長女は1ヶ月フルで毎日レッスンを受けられるので、塾がない日は基本的に予約を入れている模様(テスト前はお休みするかもしれないですが)
お気に入りの先生が3人くらいいるらしく、日によって空いている先生をローテしているらしい。先生も長女のことを早くも認識してくれたみたいで、会話が楽しいとのこと。
長女も最初はびびってて「開始5分は一緒にいて~」と泣きついてきたものの、今はもう慣れたもんです。一人勝手にすいすい進めていき、中1向けプログラムを半分ほど終わらせてました。
しかも、ちゃんと話すのが上手になってる感あるし、子供の慣れる力って凄なぁと感心する。が、まだまだ語彙不足だな~~とも思うので、ガツガツ単語量を増やして欲しい(ウザいだろうから言わんけどw)


次女ちゃんは、当分は母が側についてレッスンを受けてる感じです。
週末、だから週に2回か、余裕があれば追加でチケット買って3回かってペースですかね。子供の扱いがめちゃくちゃ上手な先生に当たってから「英語楽しい!」って言うようになった。

qqkidsはポイント制で、まだ研修中の先生は40ポイント、レビュー多いベテラン先生は50ポイント、更に上は90とかってあるんだけど、40/50の壁がかなり大きい気がしている……。
なので、低学年の子供が受ける場合はポイントケチらずに50ポイントの先生を選びましょう!!

初めは自信がないやら緊張やらで口がほぼ開いていなかった次女も、最近は笑顔が出るようになって安心しました。回を追うごとに発音が良くなってて、子供の耳って素直なんだな―と微笑ましく思いました。4年生になるまでに英検5級を取れれば良いなと思いますが、どうなることやら。

 

 

 

 

 

【2027年中学受験】全国統一小学生テスト返ってきました

 

 

そう言えば次女の全統小が返ってきました。
前回と変わらず60ちょいをキープできたので問題ないと思いたいっ。が! 今回、初めて算数の偏差値が国語を追い越しました。次女ちゃんは完全に国語少女だったはずなのに……。
なんとなく分析は済んでいて、国語に関して今はまだまだ語彙不足なんだろうなぁという感じです。未知の単語に興味が強い次女ですが、それらをぐんぐん吸収しているかと言えば話は別なので……。

リトルの月例テストは満点でも偏差値60ちょいとかの時があるので、あれは偏差値を出す意味があるのだろうかと毎回思ってしまうw
まだまだ凡ミスが多い次女ちゃんです。

なので、計算に関してはツイッターでも話題だった山本塾を始めてみました。
最初の頃は足し算引き算に2分とかかかっていた次女ですが、少しずつ1分を切れるようになってきました。継続は力なり。飽きっぽい次女なので、このまま根気よく続けねば。

次女は最近、マイクラプログラミングの体験に行き、マイクラが再燃。あと、最近始めたオンライン英会話の影響で、英語がブームみたいです。

リトルやチャレンジ、漢字や計算のドリルは毎日欠かさずやってはおります。
母親の私が言うのも何だが、我が家の姉妹は本当に問題なく課題をこなす子たちだなーと感心してしまう。自分が子供のときはここまで真面目ではなかった気がするのだがw
なので我が家に関しては「子供が宿題をやらない~」みたいな悩みとは無縁である。
まぁ、それでも他の家と同様に悩みは尽きることがないのですが。

今日も学校から帰るなり遊びに行きました。
受験勉強が本格的になるまでは、いっぱい遊んでくれ~と願う今日このごろです。